So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

山崎正美 若松高校 女子高生に恋しちゃったってよ。千葉県の教師の風紀が乱れてる! [事件]

千葉県の教師の風紀はどうなってるんだーーーー!!!!!
なんと今年度6人目のわいせつ絡みで懲戒免職処分になる教師が出ました。
県立若松高校に勤務していた山崎正美教諭(50)が千葉県内の別の高校に通う女子高生にわいせつな行為をしたとして逮捕されたのです。
山崎容疑者についてと千葉県の風紀の乱れについてお伝えします。


スポンサーサイト






山崎容疑者について


山崎容疑者について調べましたが、現時点では既婚者であること以外の情報がありませんでした。
勤務先の若松高校についてはこちら。

部活動が盛んな高校のようです。

在校生からはこんなコメントが
教員1人の誤った行動でこんなに迷惑かかるの分からないのかな[むかっ(怒り)]
しかも名前はまだしも、学校名までさ…
こんなので若松高校が世間に知れ渡るなんて本当に恥ずかしいし悲しい


どういう経緯で2人が知り合ったかは不明ですが、「相談に乗っているうちに恋をしてしまった」と供述しています。
山﨑容疑者は結婚していますが、「離婚してまでとは思っていなかった」ということで、未成年を相手にしていたにも関わらず、不倫を楽しんでいた都合のいい相手だったという事になりますね。

恋をするのは勝手です。
日々の生活や仕事に追われた毎日がドキドキワクワク、1通のメールやラインが楽しみで楽しみでまさにバラ色に変わったように感じられますよね。

でも自分は既婚者で、相手は女子高生です。
山﨑容疑者の年齢から考えると容疑者に子どもがいたとしたら、子どもよりも若い可能性もあり、教え子と同じ年齢です。

どこででもブレーキは掛けられたし、片思いだってよかったはずです。

今回の事件の場合、容疑者と女子高生は複数回会っており、女子高生から「親に知られてしまった」という連絡を受け、山﨑容疑者が校長に申告したことで事態が発覚しました。
つまり「同意の上」だったという事になるのかもしれませんが、

相手が未成年の場合は「同意」があってもアウトですから!

そもそも私が女子高生の時は50歳のおじさんなんてキモくて2人きりになるのも嫌でしたが、山﨑容疑者にはどんな魅力があったのでしょうか・・・。


スポンサーサイト






千葉県の教師の風紀が乱れている


今年度で6人もわいせつ関連で懲戒処分を受けている千葉県の教師たち。
その一部を見てます。

2014年11月~今年2月 野田市立木間ケ瀬中の藤原大輔教諭が駅でスカート内盗撮を繰り返したとして懲戒免職。

3月-4月 県立高校教諭が自宅で同じ女子生徒の体を触るなどしたほか、2016年12月には一緒に遊園地を訪れた別の女子生徒にキスをした。
「相談などに乗っているうちに(2人それぞれに)好意を抱いた」と説明。

5月 自校の女子生徒2人にキスや体を触るわいせつ行為をしたとして県立高校の男性教諭(34)を懲戒免職処分。

6月 県北東部の公立小学校講師(27)は教材準備室で休み時間に、女子児童1人の上半身や足を数分間触った。女子児童が保護者に「嫌な思いをした」などと伝えて発覚。講師は「かわいい子だと思っていて、2人きりになった際、触れてみたくなった」と説明。

2月-7月 県北西部の公立中学校教諭(27)は部活動でも指導していた女子生徒1人に対し、放課後の空き教室や校外の車の中でキスをするなどした。女子生徒の携帯電話を見た保護者が、教諭からの親密な内容の連絡に気付き、学校に相談。教諭は「電話やメールでやりとりするうちに、恋愛感情を抱いてしまった」と話した。

たまたま千葉で多発してしまったのでしょうか。
そういう雰囲気があるのでしょうか。

いずれにしても、教師である以上、その立場と影響力をしっかり自覚していればこのような事にはならないはずだし、ギリギリのところで踏みとどまっている人も大勢いるのでしょう。

そこで踏みとどまれるように、犯罪を犯した教師のなれの果てを具体例に取り上げて、教師にたいして倫理教育をすることが必要なのではないでしょうか。



スポンサーサイト





コメント(0) 
前の1件 | -