So-net無料ブログ作成
検索選択

オードリー オールナイトニッポン(ラジオ)で驚異の聴取率0.7%! [芸能]

お笑い芸人オードリーのラジオが驚異的な聴取率を稼ぎだしているという。
聴取率は0.7%。あまりピンとこない数字だが、どこが凄いのか紐ときます。


スポンサーサイト






聴取率とは


テレビの視聴率は「世帯」単位で「調査機」にテレビが映っていれば視聴したとしてカウントされるのに対し、
ラジオの聴取率は「個人」に対し、いつどこで、どの放送局を聞いたかをアンケートする形で行われる。

つまり、テレビはただついているだけの可能性もあるのに対し、ラジオの聴取率は個人がちゃんとそのラジオを聴いているであろう、より具体的な支持率を表した数字と言える。

オードリーのラジオは2009年に始まって今年で8年目。
この0.7%というのは人口にすると25.4万人に相当する。
驚くべきはこのラジオは深夜の1時から始まるという点。
深夜の丑三つ時にラジオを聞いているのは10代が主な聴取者である。

こんな書き込みを見つけた。
ぐうぜんオードリーのオールナイトニッポン聞き、
それから310回すべてをチェックする程、面白い!
ダウンタウンまっちゃん 千原Jrにつぐ個人的 お笑いブームで
オードリー若林に夢中だ!



オードリーの若林と言えば、私のような主婦にとってはヒルナンデスでよく見ていて、ちょっと毒舌なところや人見知りキャラが印象的で、春日についてはいつもふざけている、ケチな人というイメージだが、ラジオの口コミを見ていると、両方が突っ込みもボケも出来るし、若林の毒舌も炸裂しているようだ。

私もまさに10代の頃、ラジオにはまった一人だ。
当時は福山雅治がオールナイトニッポンを担当しており、テレビでは絶対ない聞く事が出来ない下ネタやプライベートが垣間見える話は、10代の乙女wには刺激的で朝の3時までよく聞いていた。
ラジオにはテレビでは聞けない話、その人の素の部分、プライベートや人間関係も聞く事が出来、リスナーと直接やりとりすることも多いため、身近に感じやすい点が魅力だ。


スポンサーサイト







こんな人も?!オールナイトニッポんパーソナリティー


オールナイトニッポンは1967年に始まり、今年でなんと50年という長い歴史のある帯のラジオ番組で、かつてのパーソナリティーはそれはそれはバラエティーにとんでおり、「この人が?!」という今では信じられない人もいる。

私が驚いた人達を一部ご紹介。
ビートたけし
明石家さんま
タモリ
所ジョージ
朝井リョウ(作家)
小栗旬
大竹しのぶ
松田聖子
Gackt(2時間しゃべりっぱなし?聞いてみたかった!)
さくらももこ(漫画家・たらこさんじゃなく、さくらももこ本人?!これはレアですねー)
hide(最短担当記録1ヵ月。最長記録はナイナイ岡村22年記録更新中)
TOSHI(X Japan)

などなど。
いわゆる大御所の方から、しゃべるイメージのないロック歌手や作家さんなど、レギュラーで番組を担当。

今となっては聞けないが、一度聞いてみたかった人も多い。
スマホ、ネット社会と呼ばれる中、ラジオの世界を今も中高生が楽しんで聞いていることは、私としては何となく安心した感がある。

言葉を知らないで育つと、キレやすくなるというのは一理あると思うので、言葉だけで想像したり、言葉を理解したり、表現力を学ぶ場としてもラジオ文化、これからも無くならないで欲しいメディアである。


スポンサーサイト





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0