So-net無料ブログ作成

藤岡健志容疑者 神戸市の勤務先小学校判明!盗撮容疑で逮捕! [事件]

神戸市立小学校教諭、藤岡健志容疑者(30)がプールの更衣室にカメラを設置し、盗撮の県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたというニュースが入ってきました。
つい先日も愛知県で臨時教諭によるわいせつ事件で逮捕されたばかりで、教職者による児童を標的にした事件が続いていて、とても腹立たしく思います。
藤岡容疑者はどこに勤務しているのでしょうか。
また教師による犯罪はなぜなくならないのでしょうか。


スポンサーサイト







勤務先は?


藤岡容疑者の勤務先は神戸市立魚崎小学校だという事が分かりました。
ijoi.png

魚崎小学校は神戸市の東端に位置し、創立140年の歴史があり、生徒数が全国TOP3に入るほどのマンモス校のようで、1学年なんと7-8クラス!

保護者の口コミではマンモス校ながら熱意ある先生が多く、問題があってもしっかり対応してくれて、家では教えづらいような命の授業もあったり、環境も良いようで、保護者の評判はとてもよく、事件があったプールは、小学校では珍しい50mプールで、学校の自慢に思われていたようです。

そんな評判のいい学校の先生がこんな事件を起こすなんて、保護者も生徒もショックを隠し切れないでしょうね。



スポンサーサイト







教師による犯罪


今回は女子児童が使用する更衣室に縦3㎝、幅8㎝、厚さ1㎝の小型カメラを設置した疑いです。
・・・物凄く小さいですね。よくカメラだと気づきましたよね。

動機についてはまだ明らかになっていませんが、この手の犯罪は実際に手を出したかどうかが問題ではなく、子ども達を裏切り、大人を信用できなくさせてしまう犯行で、人間としてはもちろんですが、教師という肩書がある以上、最もやってはいけない犯罪の一つだと思います。

先日、愛知県でも臨時教諭が強制わいせつでなんと5回目の逮捕という報道がありましたが、その事件からも分かるように性癖は改善しがたく、またその対象が子どもである場合、無抵抗で被害に遭ってしまう確率は高く、またそれが身近な教師ともなると、親にも訴え辛い状況、複数回被害に遭ってしまう可能性もあり、学校という環境下で絶対的な存在の教師に口止めされれば、口外出来ずに一人抱え込む場合もあると思います。
条例レベルの処罰ではまたすぐに場所を変えて復帰出来てしまう事にもっと危機感を持ち、厳正な処罰しなければならないとつくづく思います。

そもそも、この手の犯罪を犯す教師たちはもともと子どもが性の対象であるわけで、子どもを守るため、採用試験の時に、何らかの形でそのチェックが出来ないものでしょうか。また、同じ事が繰り返されないためにも、改名による経歴の隠蔽を防ぐために戸籍謄本の提出や指紋の提出で前科をチェックするくらいのことはやってもいいのではないかと思います。

子どもにとって、学校の先生の存在の大きさ、影響力の大きさがその後の人生に関わることをしっかり大人が認識しなければなりません。

そして、強姦罪の処罰が重くなったように、世の中は盗撮やわいせつなどももっと重罪になるべきだし、教師による犯罪が後を絶たないことを教育委員会ももっと危機感を持って対処、処分をするべきだと私は思います。



スポンサーサイト





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。