So-net無料ブログ作成

【セクハラ疑惑写真有】テイラースウィフト セクハラ裁判 [芸能]

世界の歌姫テイラー・スウィフト(27)がセクハラ訴訟を起こしたとニュースになっています。
しかもこの裁判はテイラーが損害賠償請求で先に訴えられ、その反訴として訴えた裁判で、泥沼の様相を呈しています。
両者の言い分や気になる損害賠償額を見てみましょう。


スポンサーサイト






両者の言い分


事の発端は3年前、テイラーのデンバー公演の後、バックステージで行われた写真撮影の際に、今回の裁判の相手になっている元DJのデビッド・ミュエラー被告がテイラーの臀部を触ったという事をテイラーがミュエラー被告の雇い主に告発したことのようです。
その告発をミュエラー被告は〝誤った告発″としており、その告発により社会的信用を失い、職を失ったとして損害賠償請求を起こしました。

それに対し、テイラー側は触られたのは事実であり、これまで多くの人と写真を撮ってきたが、このような事が起こるとは考えもしなかったと訴えている。
写真撮影時、ミュエラー被告はスカートの下に手を入れ、臀部を掴んできた。
それに対し、テイラーは離れようと距離を取ったがその手が離れることはなかったと訴えています。

このテイラーの反論に対し、ミュエラー被告は「彼女の肋骨あたりに手が触れたかもしれない」と語っていたようですが、問題の写真では明らかに手は肋骨の所にはないですよねー。

その時の写真がこちら(海外サイトに飛びます。)
https://www.thesun.co.uk/tvandshowbiz/4204856/david-mueller-dj-groping-taylor-swift/



スポンサーサイト






損害賠償額は?


最初に訴訟を起こしたのはデビッド・ミュエラー被告。
テイラーの発言により社会的信用と職を失ったとして、イギリスの報道によると2.300万ポンド(約32億円?!)の損害賠償を請求しているといいます。

この額については日本のニュースでは明確になっていませんし、日本では考えられないような額なので、私も本当にこんな額なのか確信が持てませんが、大スター相手だからの額なのか、訴訟大国アメリカならではなのか、とにかくスケールの大きさに驚きます。

それにたいして、テイラー側の請求額はなんと1ドル。
見ず知らずのミュエラー被告に対してセクハラをねつ造するような理由はなく、真実を明らかにしたいだけであると主張しており、この裁判に勝って得たお金はセクハラや性暴力と戦う組織に寄付するとしています。


この一件、写真を見るだけではスカートの下に手があるかどうか分かりません。そもそもこんな公衆の面前で、スカートの下に手を入れるなんて大胆な行動が出来るものなのか疑問ではありますが、手の位置は紛れもなくお尻の位置にありますねw
しかもテイラーの反訴が1ドルという所に真実を明らかにしたい!という信念を感じます。弁護士費用や訴訟にかかる費用もそれなりにかかと思うのですが、最低でもそういった費用をチャラにしようという庶民的感覚は無いのですね。かっこいいなー。



スポンサーサイト





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。