So-net無料ブログ作成
検索選択

原裕美子(マラソン元日本代表)窃盗容疑で逮捕!その栄光と転落 [事件]

元女子マラソン日本代表で現在契約社員の原裕美子容疑者(35)が窃盗容疑で栃木県警足利署に逮捕されました。
原容疑者は先月30日、足利市大月町の「セブン―イレブン足利大月町店」で、化粧水など8点、2673円を万引きした疑い。調べに対し、容疑を認めている。
原容疑者はどのような経歴の持ち主なのでしょうか。


スポンサーサイト





原容疑者経歴


1982年1月9日 生まれ
宇都宮文星女子高等学校卒業
2000年 京セラ入社
2005年3月 名古屋国際女子マラソン(初マラソン) 優勝
2005年8月 世界陸上ヘルシンキ大会 6位
2007年1月 大阪国際女子マラソン 優勝 自己ベスト2時間23分48秒
2007年9月 世界陸上大阪大会 18位
2009年3月 京セラ退社

退社後も2012年のロンドンオリンピック代表選出を目指し、一人で練習を続けていたそうです。

2010年1月 金メダリスト高橋尚子さんを生み出した小出義雄監督が率いるユニバーサルエンターテインメントに移籍。
2010年8月 北海道マラソン 優勝(1年8か月ぶりのレース)
2013年 故障を理由にユニバーサルエンターテインメントを退社

その後も一般ランナーとしてマラソンに携わっていたとされており、今は実家でご両親と同居だったとのことです。



スポンサーサイト






万引きという転落


昔よく、「万引きGメンに密着」系の番組で、高齢者の万引きがクローズアップされることがありました。
その動機は「本当にお金がなくて」という理由の人もいるでしょうけれども、「寂しくて」「魔がさして」「家族と上手くいっていない」といった人が多かったように思います。

心理学専門家の方の見解によると万引きには「自己承認欲求型」「ストレス発散型」「スリルによる快感型」「衝動型」があると言われています。
今回の原容疑者の動機は明らかにされていませんが、人間関係、親子関係、取り巻く環境、なにかしらで心に影があったのでしょう。

世界を舞台に闘っていた人が、このようなニュースで話題になることは大変残念な事です。
また、アスリートの引退後問題はよく取り上げられますが、活躍した世界に引き続き携わることが出来、後進の指導や育成にその後の人生を費やすことが出来る人は本当に一部で、運動に青春も社会人としての基礎の時期も捧げてきた人たちの、その後の長い生活が順風満帆でなくなってしまうことは、実に嘆かわしい事です。

万引きGメンを見ていた時は、お店側からの厳重注意で済む場面もよく見られましたが、万引きは窃盗という立派な犯罪です。
夏休み、子どもたちも気が緩んだり、刺激を求める時期ですが、万引きなら許してもらえるでしょ。という誤った風潮にならないように、社会全体で啓発していかなければならないな。と思います。

LKP.png


スポンサーサイト





コメント(0) 

北島智子さんキャリア官僚刺され死亡 弟逮捕 そのエリート街道とは? [事件]

今朝5時頃、東京都高輪2のマンションから男の声で「人を刺した」と119番通報があり、警察が駆け付けたところ、女性が腹部を刺されており、病院に搬送されましたが、死亡が確認され、警察は現場にいた男を現行犯で逮捕しました。

現場マンション
hgfu.png


この亡くなった女性は北島智子さん(56)。
北島さんのインタビュー動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=SQTK1QvT6s8

逮捕された男は北島さんの(52)弟でした。
地方局とは言え、厚生労働省の局長を務めていた北島さん。
いわゆるキャリア組と言われる方です。北島さんはどんな方だったのでしょうか。また、弟はどんな人物だったのでしょうか。



スポンサーサイト






北島智子さん経歴


昭和61年3月 日本大学医学部卒業
昭和61年6月 埼玉県入庁
昭和63年7月 厚生省入省 結婚
平成6年7月 山梨県厚生部健康増進課長 単身赴任
平成13年4月 青森県健康福祉部部長 単身赴任
平成23年4月 新潟県副知事 単身赴任
平成25年 厚生労働省障害保健福祉部精神障害保健課長
平成26年 環境省総合環境政策局環境保健部長
平成29年 厚生労働省関東信越厚生局長 

医師免許をお持ちかどうか分かりませんが、医学部出身でしらっしゃいます。そのため、健康にかかわる分野をお仕事にされていることが多かったようです。

ご結婚されてからも各地方、各部署の課長職、部長職を歴任し、新潟県の副知事もお勤めになられました。
絵にかいたようなエリートコースですね。
北島さんが単身赴任で各地を転々とする生活を送ってこられたので、その生活を振り返り

夫や単身赴任中に亡くなった親たちには申し訳なく思っています。自治体出向中ということでつい遠慮してしまいましたが、職場とよく相談して介護休暇を取ることを考えても良かったのではないかと思います。


とおっしゃられています。
親の介護や育児(北島さんにお子さんがおられたかどうかはわかりませんが)の問題は今もなお、女性に負担がかかる事が多く、なかなか、仕事に没頭するという事が難しい時期はあると思います。
そして、地方勤務を受けいれていた北島さんもその葛藤を抱えていたことが分かります。

また、同じ女性として、ご結婚されながら単身赴任の生活を繰り返して来られた経歴を見ますと、自分が単身赴任をする。という決断力や、仕事に対してとても情熱を持ち、やりがいをとても感じておられたのではないかと推測し、女性と家庭と仕事。という永遠のテーマの中で、働きたい女性のロールモデルになるような方だな。と思いましたし、これほど仕事に邁進できる生き方が羨ましいとさえ思います。



スポンサーサイト






容疑者(52)の人物像


逮捕された弟に関しては詳細がまだ明らかになっていませんが、精神科に通院歴があるようです。11日から容疑者と同居する母親の解除のため容疑者宅に宿泊していたという事です。

動機は明らかになっていませんが、北島さんは平成25年に障害保健福祉部精神障害保健課長に就任しており、

<精神科病院の長期入院患者の地域生活への移行が最大の課題だと思っています。今年は、こうした患者さんたちの地域の受け皿づくりについて具体的に検討する予定です。単に医療や福祉の問題として捉えるのでな、精神障害者の生活の質の向上を目指して施策を進めていきたいと考えています。く/blockquote> とインタビューに応えられていました。 容疑者がいつから精神科に通院していたかは分かりませんが、自分が仕事として変革を目指していた問題の渦中に一番身近な家族がいて、本当に切実な問題として考えられていたのではないかと思います。 北島さんのご冥福をお祈りいたします。 スポンサーサイト

コメント(0) 

藤岡健志容疑者 神戸市の勤務先小学校判明!盗撮容疑で逮捕! [事件]

神戸市立小学校教諭、藤岡健志容疑者(30)がプールの更衣室にカメラを設置し、盗撮の県迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたというニュースが入ってきました。
つい先日も愛知県で臨時教諭によるわいせつ事件で逮捕されたばかりで、教職者による児童を標的にした事件が続いていて、とても腹立たしく思います。
藤岡容疑者はどこに勤務しているのでしょうか。
また教師による犯罪はなぜなくならないのでしょうか。


スポンサーサイト







勤務先は?


藤岡容疑者の勤務先は神戸市立魚崎小学校だという事が分かりました。
ijoi.png

魚崎小学校は神戸市の東端に位置し、創立140年の歴史があり、生徒数が全国TOP3に入るほどのマンモス校のようで、1学年なんと7-8クラス!

保護者の口コミではマンモス校ながら熱意ある先生が多く、問題があってもしっかり対応してくれて、家では教えづらいような命の授業もあったり、環境も良いようで、保護者の評判はとてもよく、事件があったプールは、小学校では珍しい50mプールで、学校の自慢に思われていたようです。

そんな評判のいい学校の先生がこんな事件を起こすなんて、保護者も生徒もショックを隠し切れないでしょうね。



スポンサーサイト







教師による犯罪


今回は女子児童が使用する更衣室に縦3㎝、幅8㎝、厚さ1㎝の小型カメラを設置した疑いです。
・・・物凄く小さいですね。よくカメラだと気づきましたよね。

動機についてはまだ明らかになっていませんが、この手の犯罪は実際に手を出したかどうかが問題ではなく、子ども達を裏切り、大人を信用できなくさせてしまう犯行で、人間としてはもちろんですが、教師という肩書がある以上、最もやってはいけない犯罪の一つだと思います。

先日、愛知県でも臨時教諭が強制わいせつでなんと5回目の逮捕という報道がありましたが、その事件からも分かるように性癖は改善しがたく、またその対象が子どもである場合、無抵抗で被害に遭ってしまう確率は高く、またそれが身近な教師ともなると、親にも訴え辛い状況、複数回被害に遭ってしまう可能性もあり、学校という環境下で絶対的な存在の教師に口止めされれば、口外出来ずに一人抱え込む場合もあると思います。
条例レベルの処罰ではまたすぐに場所を変えて復帰出来てしまう事にもっと危機感を持ち、厳正な処罰しなければならないとつくづく思います。

そもそも、この手の犯罪を犯す教師たちはもともと子どもが性の対象であるわけで、子どもを守るため、採用試験の時に、何らかの形でそのチェックが出来ないものでしょうか。また、同じ事が繰り返されないためにも、改名による経歴の隠蔽を防ぐために戸籍謄本の提出や指紋の提出で前科をチェックするくらいのことはやってもいいのではないかと思います。

子どもにとって、学校の先生の存在の大きさ、影響力の大きさがその後の人生に関わることをしっかり大人が認識しなければなりません。

そして、強姦罪の処罰が重くなったように、世の中は盗撮やわいせつなどももっと重罪になるべきだし、教師による犯罪が後を絶たないことを教育委員会ももっと危機感を持って対処、処分をするべきだと私は思います。



スポンサーサイト





コメント(0) 

与島稜菜さん19歳ホステス キックボクサーに暴行され死亡 未婚の母 成人式前の悲劇。 [事件]

 7月4日、港区新橋のキャバクラに勤めるホステスの与島稜菜さん(19)が、激しい暴行を受け、事件発生から6日後の7月10日に亡くなっていたことがわかった。
容疑者は与島稜菜さんが務めるキャバクラの経営関係者と言われている伊藤英治郎容疑者(31)だ。
画像はページ下部から。2人の人物像についてみてみよう。



スポンサーサイト







伊藤英治郎容疑者の人物像


今回の逮捕容疑は近隣からの通報で駆け付けた警察官に対する「公務執行妨害」である。
稜菜さんの死去をうけ、これから傷害致死容疑で取り調べが進むと思われる。

伊藤容疑者は事件当日、友人と店に来ており、店の経営関係者でありながら、他の客の事は顧みもせず、大騒ぎをしていたといわれており、それを咎めたのが与島稜菜さんだ。

友人が店を出た後、伊藤容疑者は激高し、ロッカールームに稜菜さんを連れていき犯行に及んだ。その時間は1時間にも及び、急性硬膜下血種になっており、稜菜さんの母によると稜菜さんとは分からないほど顔が変わってしまっていたという。

その現場は店のスタッフが目撃していたにも関わらず、通報までに1時間も要しており、伊藤容疑者からの報復を恐れて通報できなかったのではないかと想像できる。

また稜菜さんを店の寮に住まわせ、友人関係から、出勤スケジュールまで全てにおいて支配しようとして、さらに交際を迫っていたという情報もある。

これだけの情報しかなくても、伊藤容疑者は抑制が効かず、独裁的で高圧的で傲慢で、権力や物理的な力で物事を制圧しようとするタイプの人間であることがうかがい知れる。

また、交際を迫っていたという事が事実であれば、気持ちに応えてくれない稜菜さんに咎められたことで、愛情が一気に憎しみに代わり爆発したのではという推測も出来る。

キックボクシングジムに通っていたようだが、鍛えていたその腕で無抵抗な女性を顔が変わるほど手にかけるとは、本当に卑劣極まりない。



スポンサーサイト







与島稜菜さんの人物像


稜菜さんは16歳で出産し、現在2歳の子を持つシングルマザーだった。
事件のあった店でいつ頃から働いていたかは定かではないが、5月ごろから伊藤容疑者の管理下になってしまい、外部との連絡も制限されていたという事から考えると、お子さんとは離れて暮らしていた可能性も考えられる。

お金には苦労していたと報道されているように、10代のシングルマザーがコツコツ働いたところで親子二人食べて行けるほど世の中は甘くない。

今回週刊文春の取材には稜菜さんの母親が答えていることから、両親との関係は良好だったのではないかと思われる。
両親の助けを得ながら短時間で高収入が得られる水商売を職として選んだのかもしれない。

年齢的には19歳で若い稜菜さんだが高圧的で独裁的な伊藤容疑者を咎めたその正義感、まっすぐな所は尊敬の念を抱く。恐らく私の想像通りの伊藤容疑者であるならば、「さわらぬ神に祟りなし」とばかりに関りを避ける人がほとんどではないだろうか。

その正義感故、不幸にも悲劇が起きてしまったわけだが、残されたお子さんにはママのその権力や脅威に立ち向かう姿勢が伝ればいいなと思う。

可愛い盛りのお子さんと突然の別れをしなくてはならなくなった稜菜さん。
こういう事件は同じ母親として本当に心が痛みます。
心からご冥福をお祈りいたします。

伊藤容疑者、稜菜さんの画像はこちらから
http://bunshun.jp/articles/-/3478



スポンサーサイト





盛岡市 保育施設で1歳女児が塩化ナトリウム中毒で死亡 [事件]

またしても保育施設で悲しい事件が起こっていたことが分かりました。
一昨年8月、青森県盛岡市の認可外保育施設で施設の元経営者、吉田直子容疑者(33)が1歳になったばかりの女児に食塩を摂取させ死亡させたとして逮捕されました。


スポンサーリンク





事件概要


今から2年前2015年8月、亡くなった女児は17日の午前10時半から翌18日の午前0時過ぎまで、認可外保育園に預けられていたようです。
その後父親が迎えに来て帰宅したものの、嘔吐などの症状が出て病院に運ばれたが、保育所を出てから約4時間半後に塩化ナトリウム中毒で死亡したという事です。
容疑者は液体に食塩を混ぜて女児に摂取させたとみられていて、「死なせるつもりはなかった」と供述しているようです。
この保育施設は開所して僅か1ヵ月しかたっておらず、事件後閉所されています。


塩化ナトリウム中毒


塩化ナトリウム中毒という言葉を今回初めて知りましたので、調べてみました。
人間は0.5~5g/㎏摂取すると中毒性を示すそうです。塩を測ったら5gは粗塩で小さじ1杯分くらいでした。
被害者の女児が1歳だったので、体重が10㎏あったとすると食塩5g~50gを摂取することで死に至る計算になります。(乳幼児の場合はもっと低用量でも死に至る場合もあり)
症状は嘔吐、下痢、発熱、口喝。

対処法は
・家庭では吐き出させる(摂取後30-2時間以内は有効)
・排泄促進
・腹膜透析

細胞内浸透圧が変わるため、脳細胞が脱水して委縮することにより、脳血管が拡張してくも膜下出血や硬膜下出血を発症することもあるようです。


スポンサーリンク





全容解明はこれから


被害者の女児はなくなった18日が1歳の誕生日でした。
誕生日の日に14時間近く預けられ、亡くなってしまったのです。

ご両親がどのような事情でこんなにも長時間預けていたのか、また、それだけ長い時間保育を受け付けていたこの保育施設の勤務体制はどうだったのか。
なぜ致死量にも至るような食塩を与えたのか。
逮捕までになぜ2年もかかったのか。

容疑者の人柄や保育施設の様子などまだ事件は不明な点が多いですが、同じ子を持つ親としては可愛いさかりのお子さんが亡くなる事件は本当に心が痛みます。

塩化ナトリウム中毒に関しては誤飲も多く報告されているようですので、乳幼児のお子さんがいる家庭では食べられるものだからと油断せず、お子さんの手が届かないところに保管することも大切だなと思いました。

被害者の方のご冥福と事件の早期解決を祈ります。


スポンサーリンク